沖縄考古学会の公式ホームページです。沖縄で考古学研究を行う団体です。

TEL.(098)895-8276・8270
沖縄県 西原町 字千原1番地
琉球大学法文学部考古学研究室

商品

南島考古 第37号

南島考古37号

書 名   南島考古 第37号

発 行   沖縄考古学会

発行日   2018年7月4日

価 格   1,500円

会員割引  あり(会員価格1,200円)

規 格   B5

ページ   86ページ

在 庫   あり

 

〈論 文〉

沖縄における土器胎土分析をめぐる諸問題   山崎 真治

沖縄本島出土・採集の三稜形銅鏃   久我谷 渓太

沖縄諸島における厨子文化と葬墓制(3)-古墓の造形と厨子-   上原 靜

沖縄海域における海底ミュージアム構想の実現に向けた屋良部沖海底遺跡での実践
中西裕見子・片桐千亜紀・菅 浩伸・坂上憲光・小野林太郎・島袋綾野

〈報 告〉

首里城西のアザナ跡出土金工品生産関連遺物類の非破壊調査について  沓名 貴彦

〈研究ノート〉

塔原遺跡の切削石器の考察と実証実験   基 昭夫・神 雅彦・向井一雄

〈書 評〉

土肥直美著 『沖縄骨語り 人類学が語る沖縄人のルーツ』  評者・・・宮城弘樹

高宮広土(編)『奄美・沖縄諸島先史学の最前線』 評者・・・安座間 充

南島考古 第36号 高宮廣衞先生追悼号

南島考古 第36号

書 名   南島考古 第36号

発 行   沖縄考古学会

発行日   2017年7月14日

価 格   3,000円

会員割引  あり(会員価格2,400円)

規 格   B5

ページ   316ページ

在 庫   あり

 

〈目次〉

『南島考古』第36号《高宮廣衞先生追悼号》の発刊にあたって  當眞嗣一

高宮廣衞先生を悼む  上原 靜

高宮廣衞先生を偲ぶ  上村俊雄

高宮廣衞先生略年譜

高宮廣衞先生著作目録

考古学からみた新・海上の道  小田静夫

石器・石材の供給地推定についての考察-嘉手納町野国貝塚群B地点の事例-  岸本義彦・仲里健・宇佐美賢・神谷厚昭

渡具知東原遺跡出土の脊椎動物遺体  菅原広史

沖縄・奄美の曽畑式土器をめぐる諸問題  山崎真治

嘉門貝塚B竪穴遺構出土土器の編年的位置  新里貴之

トカラ諸島(中之島・平島・悪石島)の新遺跡  伊藤慎二・久我谷渓太

蝶形骨製品-追加資料その2-  島袋春美

渡名喜島西底原遺跡D地点第6号人骨伴出の二枚貝製有孔製品  盛本 勲

沖縄・奄美諸島における片刃石斧の盛衰  仲宗根 求

沖縄・奄美諸島における黒曜石研究の現状  大堀皓平

北谷町平安山原B遺跡出土の亀ヶ岡系土器  山城安生・島袋春美・松原哲志・呉屋広江・土岐耕司

貝輪粗加工品の流通-弥生時代貝交易再論-  木下尚子

伊江島具志原貝塚出土の甕形土器脚部資料について  具志堅清大・石堂和博

集石遺構から見た無土器期の様相  江上幹幸

奄美・沖縄の遺跡植物遺体からみた柳田国男『海上の道』 仮説:その後  高宮広土

奄美諸島徳之島における土器圧痕調査の成果-貝塚時代後 2 期~グスク時代を中心に-  新里亮人・與嶺友紀也・具志堅 亮・小畑弘己

奄美諸島における土師器甕形土器-喜界島城久遺跡群の評価をめぐって-  池田榮史

那覇港整備以前の貿易陶磁の流通と交易形態-沖縄本島中南部を中心に-  瀬戸哲也

城時代とグスク時代-時代名称の変化を辿る-  山本正昭

第一尚氏の出自と伊平屋島のグスク  當眞嗣一

明代華南三彩陶の研究13 首里城出土の鶴形水注(その2)-鶴形水注Ⅰ類の分類-  木村幾多郎

琉球列島における貨幣認識と貨幣利用の多様性  宮城弘樹

琉球列島における厨子の造形文化と葬墓制(1)-厨子の起源-  上原 靜

『南島考古』バックナンバーの紹介

南島考古 第35号

南島考古 第35号

書 名   南島考古 第35号

発 行   沖縄考古学会

発行日   2016年6月24日

価 格   1,500円

会員割引  あり(会員価格1,200円)

規 格   B5

ページ   90ページ

在 庫   あり

 

〈追悼文〉
高宮廣衞先生のご逝去を悼む   知念 勇

〈論 文〉
「沖縄産陶器」の定義・名称・分類に関する一考察   新垣 力

瓦当笵の移動にみる琉球近世瓦の生産その2-琉球近世瓦の研究-   石井龍太

沖縄県の近代煉瓦と建物   上原 靜

沖縄諸島における先史時代の竪穴住居と集落に関する一試論   山崎真治

沖縄本島におけるグスク出土のカムィヤキ
-流通と消費に着目して-   廣岡 凌

〈研究ノート〉
グスク時代の鉄鏃に関する若干の考察   瀬戸哲也

〈書 評〉
石垣市教育委員会市史編集課(編)
『石垣市史 各論編 考古』  評者・・・池田榮史
『   同  上    』  評者・・・木下尚子

山崎真治著『島に生きた旧石器人 沖縄の洞穴遺跡と人骨化石』
シリーズ「遺跡を学ぶ」104  評者・・・宮城弘樹

菊池実・菊池誠一(編)季刊考古学・別冊23
『アジアの戦争遺跡と活用』  評者・・・伊波直樹

南島考古 第34号

南島考古 第34号

   書 名   南島考古 第34号

   発 行   沖縄考古学会

   発行日   2015年5月29日

   価 格   1,500円

   会員割引  あり(会員価格1,200円)

   規 格   B5

   ページ   110ページ

   在 庫   あり

 

〈追悼文〉
田村晃一先生のご逝去を悼む   安里嗣淳

森田直哉さんを悼む   呉屋義勝

〈論 文〉
沖縄先史文化起源論をめぐる近年の動向と課題    山崎真治

グスク時代における陶瓷の需要   柴田圭子 

近世墓の出土銭貨の傾向   池原悠貴 

琉球諸島、奄美諸島、済州島における豚飼育施設   石井龍太

沖縄の遺跡から出土する近代の本土産磁器について
-スンカンマカイと統制番号を有する資料を中心に-   安斎英介・上原千明

史資料から見た沖縄島の海軍砲台の運用形態   仲程勝哉

〈報 告〉
北谷町浜川ウガン遺跡の採集資料について
-ホシダカラ有孔製品を主に-   呉屋義勝・島袋春美

沖縄本島における海軍望楼跡
-喜屋武望楼跡の調査研究報告-   山本正昭・伊波直樹・山口剛史

〈書 評〉
青山和夫・米延仁志・坂井正人・高宮広土(編)
『文明の盛衰と環境変動 マヤ・アステカ・ナスカ・琉球の新しい歴史像』  横尾昌樹

盛本勲著『沖縄のジュゴン-民族考古学からの視座-』   菅原広史

南島考古 第33号

南島考古 第33号

   書 名   南島考古 第33号

   発 行   沖縄考古学会

   発行日   2014年6月30日

   価 格   1,500円

   会員割引  あり(会員価格1,200円)

   規 格   B5

   ページ   72ページ

   在 庫   あり

 

〈論 文〉
グスク時代初期農耕文化の動態   宮城弘樹・千田寛之

宮古のグスク時代の展開に関する一考察   久貝弥嗣 

久米島伝世の華南三彩陶(下)  木村幾多郎 

縄文時代前期の沖縄と北部九州-伊礼原遺跡にみる西唐津式土器について-   廣瀬雄一 

〈報 告〉
崎樋川貝塚採集の貝製品について   島袋春美

〈書 評〉
上原靜著『琉球古瓦の研究』  知念 勇

上原靜著『琉球古瓦の研究』  池田榮史

上原靜著『琉球古瓦の研究』  盛本 勲

壇上寛著『民代海禁=朝貢システムと華夷秩序』  山本正昭

高宮広土・新里貴之編『琉球列島先史・原始時代における環境と文化の変遷に関する実証的研究 研究論文集』  赤嶺信哉

南島考古 第32号

南島考古 第32号

   書 名   南島考古 第32号

   発 行   沖縄考古学会

   発行日   2013年6月29日

   価 格   1,500円

   会員割引  あり(会員価格1,200円)

   規 格   B5

   ページ   81ページ

   在 庫   あり

 

〈論 文〉
沖縄の石切場跡と石切技法について-浦添市西海岸の石切場跡の調査成果を中心に-   安斎英介

沖縄の遺跡から出土する石製硯について-沖縄県立埋蔵文化財センター所蔵資料より-   大堀皓平 

久米島伝世の華南三彩陶(上)  木村幾多郎 

孔からみた蝶形製品の分類と変遷  照屋沙弥香 

〈報 告〉
西表における望楼跡について-崎山望楼跡の調査研究報告-   山本正昭・伊波直樹・山口剛史 

〈書 評〉
安里嗣淳著『先史時代の沖縄』  當眞嗣一

當眞嗣一著『琉球グスク研究』  知念 勇

當眞嗣一著『琉球グスク研究』  池田榮史

来間泰男著『〈流求国〉と〈南島〉 古代の日本史と沖縄史 -シリーズ沖縄史を読み解く-』  田名真之

来間泰男著『〈流求国〉と〈南島〉 古代の日本史と沖縄史 -シリーズ沖縄史を読み解く-』  池田榮史

南島考古 第31号

南島考古 第31号

   書 名   南島考古 第31号

   発 行   沖縄考古学会

   発行日   2012年5月31日

   価 格   1,500円

   会員割引  あり(会員価格1,200円)

   規 格   B5

   ページ   97ページ

   在 庫   あり

 

〈論 文〉
八重山諸島における1771年明和大津波の痕跡高調査における考古遺跡の重要性
宮澤啓太郎・島袋永夫・島袋綾野・正木譲・宮城邦昌・後藤和久 

琉球列島における縄文時代早期から中期にかけての土器文化の展開   横尾昌樹 

沖縄諸島出土打製石鏃の基礎的研究  大堀皓平 

沖縄県出土の土人形について  福原りお 

湧田古窯の再評価-湧田古窯跡行政棟地区出土の平瓦窯道具について-  石井龍太 

〈報 告〉
沖縄県内出土土器の蛍光X線分析  三辻利一・西銘章 

読谷村楚辺ウガンヒラー北方遺跡出土の植物遺体
北谷城出土の植物遺体(沖国大第10次発掘調査)  高宮広土・千田寛之

〈書 評〉
吉岡康暢・門上秀叡著『琉球出土陶磁社会史研究』  呉屋義勝 

南島考古 第30号

南島考古 第30号

   書 名   南島考古 第30号

   発 行   沖縄考古学会

   発行日   2011年5月16日

   価 格   1,500円

   会員割引  あり(会員価格1,200円)

   規 格   B5

   ページ   93ページ

   在 庫   あり

 

〈論 文〉
下地原洞穴と沖縄の旧石器遺跡について  小田静夫 

琉球の塼と煉瓦  上原 靜

琉球近世植木鉢の系譜-アジアの中の琉球園芸文化-  石井龍太 

沖縄県内における遺跡出土硯   有銘倫子

琉球列島先史・原始時代遺跡におけるフローテーション法の有効性  赤嶺信哉・千田寛之

〈報 告〉
名護市屋部前田原貝塚出土の圧痕土器  高宮広土・小畑弘己・真邉 彩・赤嶺信哉

〈書 評〉
吉浜 忍・大城和喜・池田榮史・上地克哉・古賀徳子著
『沖縄陸軍病院南風原壕』  長濱健起

高宮広土・伊藤慎二編 『考古学リーダー19 先史・原始時代の琉球列島~ヒトと景観~』  瀬戸哲也

久保智康著『日本の美術No.533 琉球の金工』  山本正昭

南島考古 第29号

南島考古 第29号

   書 名   南島考古 第29号

   発 行   沖縄考古学会

   発行日   2010年6月14日

   価 格   1,500円

   会員割引  あり(会員価格1,200円)

   規 格   B5

   ページ   135ページ

   在 庫   あり

 

〈論 文〉
ピンザアブ洞穴と南琉球の旧石器文化  小田静夫 

先史沖縄における磨製石斧製作-戦略束とその選択-  大堀皓平

広田上層タイプ貝符に関する一考察  山野ケン陽次郎 

琉球砥石考   上原 靜

瓦当笵の移動にみる琉球近世瓦の生産-近世琉球瓦の研究-  石井龍太

〈報 告〉
真喜志森川原遺跡出土の植物遺体分析報告  高宮広土・呉屋義勝・千田寛之

屋部前田原貝塚遺跡Ⅱ区第3号
 掘立柱建物跡出土の植物遺体報告  千田寛之

南城市親慶原ウフニクガマ採集の遺物について  山崎真治・横尾昌樹・大城秀子

太郎と和夫の田名グスク(伊平屋島)探検  當眞嗣一

〈書 評〉
来間泰男 著 『稲作の起源・伝来と”海上の道”』  上原 靜

南島考古 第28号

南島考古 第28号

書 名   南島考古 第28号

発 行   沖縄考古学会

発行日   2009年5月29日

価 格   1,500円

会員割引  あり(会員価格1,200円)

規 格   B5

ページ   98ページ

在 庫   あり

 

〈論 文〉
港川フィッシャー遺跡について  小田静夫

いわゆる「獣形貝製品」について  島袋春美

沖縄諸島における中近世の鋳造技術と生産  上原 靜

グスクの多様性と社会構造について   宮城弘樹

湧田古窯の再評価-湧田古窯跡の瓦質土器製植木鉢-  石井龍太

琉球列島の土器胎土分析研究
-沖縄県下の土器胎土分析とその結果-  上田圭一・矢作健二・橋本真紀夫

〈書 評〉
谷川健一編 叢書・文化学の越境17
『日琉交易の黎明-ヤマトからの衝撃-』  島袋綾野

上里隆史著『誰も見たことのない琉球』  山本正昭