沖縄考古学会の公式ホームページです。沖縄で考古学研究を行う団体です。

TEL.(098)895-8276・8270
沖縄県 西原町 字千原1番地
琉球大学法文学部考古学研究室

プロフィール

沖縄考古学会は、考古学上の諸研究を行い、併せて会員相互の親和向上を図ることを目的としています。
専門研究者だけでなく、考古学を学ぶ学生、考古学が好きな人、社会科の先生、文化財保護を願う方、古いものに興味をもっている人など、たくさんの会員がいます。貴方も入会し、沖縄の考古学を学んでみませんか。
会員になるには、個人でも団体でも随時入会することができます。入会費千円。年会費千円を郵便振り込みでお送りください。
口座番号 福岡9-2185 沖縄考古学会

ごあいさつ・組織役員・会則

 会長就任のあいさつ
 この度役員を勇退される知念勇会長と江上幹幸副会長、他数名の理事の皆様には長期にわたり会の運営と発展にご尽力されてこられましたことにたいし深く感謝とお礼を申し上げます。知念会長には引き続き顧問として、江上副会長には理事として考古学会発展のためご指導お願いいたします。
 さて、2014年度の総会で会長に選任されました當眞です。副会長には上原靜氏と池田榮史氏、事務局長に後藤雅彦氏が選任されたところです。知念勇会長の後を引き継いでこれから2年間つとめさせていただくことになりますので、よろしくお願いいたします。
ところで近年の考古学研究の盛況ぶりには目を見張るのがあります。沖縄考古会の動向についても私が事務局長をしていた十数年前に比べると驚くほど活況を呈しています。そのことは毎月開かれている定例研究会の活発化、理事会の開催回数の多さ、年一回の総会並びに研究発表会への参加者の増加等に顕著にあらわれていると思います。また会員諸氏の研究意欲が旺盛であることも機関誌『南島考古』への投稿論文数の多さに反映されていると思います。
 とはいえ、沖縄考古学会の果たす役割もまだまだあるのではないでしょうか。たとえば、沖縄考古学の成果を多くの市民に広げていくにはどうするのか、まだ続いている開発優先社会での遺跡保存のあり方をどう考えていくのか、さらには基地内における遺跡保存の問題、これらの他にも課題は山のようにあると思います。これまで発展してきた会を継承し、いろいろな課題に向かって沖縄考古学会がますます充実、発展していくよう全力でがんばっていきたいと思います。幸い、これまでも会の運営・発展に尽くしてきた両副会長や理事にも恵まれているので、会員の皆様にもなお一層のご協力、ご指導をお願いして、挨拶と致します。


當眞 嗣一(沖縄考古学会会長)


組織・役員

役職 名前 備考
会 長 當眞嗣一
副会長 上原靜  
副会長 池田榮史  
事務局長 後藤雅彦  
 会計 新垣力   
理 事 安斎英介・伊藤圭・上田圭一・江上幹幸・大堀皓平・金城貴子・崎原恒寿・長濱建起・宮城弘樹・盛本勲・山崎真治・山本正昭・横尾昌樹  
監査役 大城秀子・大城剛  
 顧問 高宮廣衞・嵩元政秀・新田重清・知念勇   

沖縄考古学会 会則

第1条 本会は沖縄考古学会と称する。
第2条 本会は考古学上の諸研究を行い、併せて会員相互の親和向上を図ることを目的とする。
第3条 本会は前条の目的達成のため、次の事業を行う。
 1.考古学会誌「南島考古」及び通信紙「南島考古だより」の発行
 2.遺跡の発掘調査及び研究発表
 3.講演会の開催
 4.その他本会の目的達成に必要な事業
第4条 本会の総会は毎年一回開催し、必要に応じて臨時総会を開くことができる。
第5条 本会の会員は会の目的に賛同の個人または団体とし、入会費と会費は以下の通りとする。
 1.通常会員(個人・団体)年額1,000円
 2.入会費(個人・団体)年額1,000円
第6条 運営は会費、会誌販売その他の収入をもってあてる。
第7条 本会計年度は6月1日から翌年5月末日までとする。
第8条 本会に次の役員をおく。
 1.会長一名、副会長二人、理事若干名
 2.役員の任期は二年とし、総会で選出する。ただし、再任を妨げない。
第9条 本会に顧問をおくことができる。顧問は本会の発展に寄与した者で役員会の推薦により総会の承認を得た者とする。

付則
(1)本会の規約改廃は総会で決める。
(2)本会の事務所は、琉球大学考古学研究室に置く。
(3)この規約は1991年7月11日から施行する。

沖縄考古学会 沿革