沖縄考古学会の公式ホームページです。沖縄で考古学研究を行う団体です。

TEL.(098)895-8276・8270
沖縄県 西原町 字千原1番地
琉球大学法文学部考古学研究室

南島考古 第36号 高宮廣衞先生追悼号

南島考古 第36号 高宮廣衞先生追悼号

南島考古 第36号

書 名   南島考古 第36号

発 行   沖縄考古学会

発行日   2017年7月14日

価 格   3,000円

会員割引  あり(会員価格2,400円)

規 格   B5

ページ   316ページ

在 庫   あり

 

〈目次〉

『南島考古』第36号《高宮廣衞先生追悼号》の発刊にあたって  當眞嗣一

高宮廣衞先生を悼む  上原 靜

高宮廣衞先生を偲ぶ  上村俊雄

高宮廣衞先生略年譜

高宮廣衞先生著作目録

考古学からみた新・海上の道  小田静夫

石器・石材の供給地推定についての考察-嘉手納町野国貝塚群B地点の事例-  岸本義彦・仲里健・宇佐美賢・神谷厚昭

渡具知東原遺跡出土の脊椎動物遺体  菅原広史

沖縄・奄美の曽畑式土器をめぐる諸問題  山崎真治

嘉門貝塚B竪穴遺構出土土器の編年的位置  新里貴之

トカラ諸島(中之島・平島・悪石島)の新遺跡  伊藤慎二・久我谷渓太

蝶形骨製品-追加資料その2-  島袋春美

渡名喜島西底原遺跡D地点第6号人骨伴出の二枚貝製有孔製品  盛本 勲

沖縄・奄美諸島における片刃石斧の盛衰  仲宗根 求

沖縄・奄美諸島における黒曜石研究の現状  大堀皓平

北谷町平安山原B遺跡出土の亀ヶ岡系土器  山城安生・島袋春美・松原哲志・呉屋広江・土岐耕司

貝輪粗加工品の流通-弥生時代貝交易再論-  木下尚子

伊江島具志原貝塚出土の甕形土器脚部資料について  具志堅清大・石堂和博

集石遺構から見た無土器期の様相  江上幹幸

奄美・沖縄の遺跡植物遺体からみた柳田国男『海上の道』 仮説:その後  高宮広土

奄美諸島徳之島における土器圧痕調査の成果-貝塚時代後 2 期~グスク時代を中心に-  新里亮人・與嶺友紀也・具志堅 亮・小畑弘己

奄美諸島における土師器甕形土器-喜界島城久遺跡群の評価をめぐって-  池田榮史

那覇港整備以前の貿易陶磁の流通と交易形態-沖縄本島中南部を中心に-  瀬戸哲也

城時代とグスク時代-時代名称の変化を辿る-  山本正昭

第一尚氏の出自と伊平屋島のグスク  當眞嗣一

明代華南三彩陶の研究13 首里城出土の鶴形水注(その2)-鶴形水注Ⅰ類の分類-  木村幾多郎

琉球列島における貨幣認識と貨幣利用の多様性  宮城弘樹

琉球列島における厨子の造形文化と葬墓制(1)-厨子の起源-  上原 靜

『南島考古』バックナンバーの紹介

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>